グリーンスムージーと酵素ダイエットを比較

今、流行りの健康法・美容法・ダイエット法といえば「グリーンスムージー」と「酵素ダイエット」が挙げられるでしょう。

どちらも酵素を摂取する事によって代謝アップや消化のサポート、腸内環境を整えるなどの作用があるために、便秘解消などの健康効果やダイエット効果・美容効果が期待できる健康法ですが、「二つの健康法の違いがよく分からない」という方も多いかもしれません。

二つの健康法の違いは製造工程において「微生物の働きによって発酵・熟成を行っている」という点になります。

グリーンスムージーは生の果物や緑の葉野菜に水を加えて、ミキサー・ジューサーなどで混ぜ合わせたドリンクとなりますが、酵素ダイエットに使うドリンクは原料となっている果物・野菜・野草・海藻などの植物から抽出したエキスを発酵・熟成させて作られている発酵食品のドリンクなので、二つの健康法にはこの点が違います。

続きはこちら

コンブチャクレンズはどうして痩せるの?

コンブチャとは、昆布茶ではなくモンゴル原産の発酵茶で、紅茶キノコと呼ばれるキノコを発酵させて作る美容健康ドリンクです。

豊富な栄養が含まれているのが特徴の飲み物で、酵素やアミノ酸、抗酸化物質を多く含んでいます。

これらの成分からデトックス効果や強肝作用があり、がん予防や新陳代謝の向上による肌荒れを改善したり、食欲をコントロールする、アルカリ体質を改善することにも効果的だとされています。他にも、むくみや便秘の解消や冷え性の改善などの効果を得ることができます。

コンブチャクレンズとは、このような効果を得ることによって体をデトックスしてダイエットする方法です。

続きはこちら

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。